無難でシンプルな贈り物を

作業員

ご近所の方との良好な関係のために

とある場所の調査によると、今は昔よりも引越しの際にご近所の方に挨拶に回る人は減っているようです。居住期間が短期になりそうな場合や女性の単身の場合など昨今は防犯上の問題もあり、必ずしも挨拶は行わなければならないというルールはありませんが、家族の顔を知っておいてもらう事で叶う防犯もあります。また、ご近所の方と仲良くする事で得られる有益な情報もありますから、ご近所付き合いも悪いものではありません。実際に引越しして挨拶に伺う際はたいてい手土産を持参します。引越しにおける挨拶まわりは贈り物選びが難しいと感じる人は多いはずです。なぜなら、初めましての方に贈り物をする事になるからです。気心知れた家族や友人とは異なり、性別も年齢もわからない相手への贈り物となりますから、基本的に大事なのは「無難」を選ぶ事です。多くの場合は食品、もしくは日用品が選ばれます。お菓子であれば値段も手頃なものが選べますし、趣味趣向を問わず、食べてしまえば無くなるいわゆる消え物なので非常に無難です。しかし、最近は以前よりも食物アレルギーの心配があったり、見ず知らずの人から貰った物を食べるのは怖いと感じる人もいるようで、あえて食べ物を選ばない人も多いようです。そのような場合は迷ったら日用品です。ラップや食品保存袋、洗剤類などが喜ばれます。ただし洗剤類の場合は香料が強い物など好みが別れそうなものは避けた方が無難。あとは、その地域の指定ゴミ袋なども貰って困る事はありません。要するに、引越しにおける挨拶まわりの手土産はオシャレより生活感なのかもしれません。