新しい環境で行うこととは

男女

最初が肝心という意味を知っておこう

日本では以前では引越しそばという言葉が守られていて、転居によって新しい住居に住むようになった場合には、その周辺に以前から住む人に挨拶回りを行っていました。これは近所との付き合いが当たり前という風潮にあり、新参者としてその土地にやってきた人が自分を知ってもらう意味で行っていた慣習です。しかし現在は隣りに誰が住むのかわからない集合住宅が多くなっていて、引越しをしている光景を見ることがあっても、挨拶を一切しないという人も増加しています。短期でまた別の場所に移動するのであればまだいいのですが、そのまま継続して長く居住していると、周囲の人からは挨拶がなかったことに対していい印象を持たなくなってしまうでしょう。近所との付き合いも今はそれほど多くあるわけではありませんが、自然災害などでは住民単位で対応が行われるので、近所との関係が良くないと肩身の狭くなるのは間違いありません。引越しそばでは本当にそばを振る舞っていましたが、現在では特に拘る必要はありませんし、言葉だけの挨拶でも十分に適切な対応になっています。挨拶を行う場合に最適なのは業者を利用して引越し荷物を搬入する時であり、その場合には自然に周囲の人々が集まってくるので、そこで簡単に自己紹介をするだけでもいいです。挨拶はどのような場面でも大切なコミュニケーションツールですが、引越しのようにプライベートに関係する場合は特に重要になります。単身者の場合は全く挨拶を行わないケースが多いのですが、自分が同じ行動を取られたらどのような感情を持つか考え、行うべきだと言えます。