ダンボール

長いお付き合いのために

引越しをしてきた時には、周辺の方々への挨拶が必要になります。一軒家住宅の場合とマンションの場合では、挨拶する住まいにも若干の違いがあると言われます。また手土産も必要とされますが、少ない金額の洗剤などが喜ばれるものとなっています。

詳しく見る

男女

新しい環境で行うこととは

引越しを行っても挨拶は必要ないと考えている人は増えていますが、そこで暮らす以上は悪い印象を与えるのはいいとは言えません。人間は挨拶によって新たにその環境に加わった人を判断する傾向が強いので、いい印象を持たれることは大切になるでしょう。

詳しく見る

男性作業員

ギフトを準備しておきたい

引越しの前に、旧居への近隣住民や新居の大家さんや、管理人に挨拶用ギフトを準備しておく必要があります。近隣住民へは、500円から、1000円程度、大家さんや管理人の場合は、1500円から、3千円ぐらいの商品がお勧めです。

詳しく見る

トラックのおもちゃ

高すぎても安すぎてもダメ

引越し時の挨拶まわりでは高価ではないにしろ贈り物を持参するのがマナーです。贈り物の相場は住む家の形態や世帯層によっても異なりますが、500円から1000円程が無難な金額です。高すぎたり安すぎたりしないよう注意しましょう。

詳しく見る

作業員

無難でシンプルな贈り物を

引越しした際にご近所の方へ挨拶に行く場合は手土産を持参する事が多いはずです。はじめてお会いする方への贈り物は選ぶのが難しいため、お菓子などの食べ物か、迷ったら洗剤やラップなど日用品、つまりはおオシャレな物より無難な物が良いでしょう。

詳しく見る

人間関係の重要さ

男性作業員

地域の情報を得る

最近は一昔前と比べると地域住民同士の交流が少なくなってきたと言われています。こうした中で引越しをしたときに疑問に感じる点は挨拶をきちんとするべきか、とうことです。そこまで交流がないのであれば、引越し後に無理に挨拶をする必要がないのではないか、と考える人もいるでしょう。ですが、一般的に考えてそれでも引越しをしたときには近所へ簡単な挨拶をしておいた方が、無難であると考えられます。その理由としていくつかありますが、例えば地域の決まり事を把握するために、ある程度近所で仲の良い人がいた方が都合が良いです。ゴミ捨ての仕方等は地域によって大きく異なります。集荷してくれるものや、ごみ袋が無料だったり有料だったりと違いがある為、事前の把握は大切です。そうした時に、近所で親切にアドバイスしてくれる人がいると助かります。マンションであればこうした繋がりが、一軒家以上に重要になります。マンション管理を行っていく上で同じ建物に住んでいる人たちとマンション管理組合を作り、話し合いをしているところはたくさんあります。こうした場所で村八分の様になってしまうと、なかなか住みづらい環境になってしまいます。ある程度は空気を読んで、周りと同調していった方が結果的に、自分も快適に暮らせることが多いでしょう。引越しの挨拶の時に何も高級なプレゼントを用意する必要はありません。気持ちが伝わるような簡単なものを用意していくだけでも、近隣住民との友好な関係が築けますので、行っておくことにしましょう。